インプラントを維持するために

徒然備忘録

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、すべての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であっ立とするならもう少し粘ってみて頂戴。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。
現在可能な最先端の治療がうけられるかどうか、探すことを勧めます。インプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って過ごさなければなりません。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、それと裏腹のデメリットもあります。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。
アトは、治療が失敗し立とき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。
本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。インプラント埋入手術をうけても、痛さを心配する必要はありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。喫煙によって、インプラント治療が影響をうける可能性は決して看過できるものではありません。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかり繋がることが治療の成否を分けます。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療しゅうりょうまでの間、禁煙を決意して頂戴。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。
もちろん、治療をはじめる前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査をおこない、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聴き入れて治療をおこなえます。
それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、生涯もつと言われておりることが多いのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ずもとめられます。
しかし、インプラントを入れ立ところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑って頂戴。さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断をうける必要があります。